開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

開店祝いの相場

 

開店祝いにも相場はあるのでしょうか?
こちらはあるのです。特にこれから開店祝いを贈る方は知った方が良いでしょう。
開店祝いの相場の安い順に紹介します。
知り合いや友達等の場合は、5千円から2万円程度です。
自分の身内の場合は、1万円から5万円程度です。
お仕事の取引先の場合は、1万円から5万円程度です。
こちらは相場なので実際に開店祝いを贈る時には、
先方との関係も考えると良いでしょう。
開店祝いを贈るのが大切な方であれば、比較的高額になる傾向にあると言われています。
ただ、あまりに度が過ぎる金額となると、
開店祝いの贈る相手が驚いてしまう事も考えられるので注意しましょう。
開店祝いは品物で贈る際もあれば、現金で贈る場合もあります。
この品物や現金の贈り方もマナーがあるので、知っておいた方が良いです。
開店祝いの品物では贈らない方が良い物があるので紹介します。
開店祝いには、火事を想像させる様な品物は贈らない方がいいです。
具体的には、赤い色・ライター・キャンドル等があります。

ちなみに、開店祝いの贈り物はどんな品物がよく贈られているのか気になりませんか?
開店祝いによく贈られている品物は、胡蝶蘭・カタログギフト・お酒等があります。
開店祝いで品物を贈る時には、相手の事情もきちんと考えると良いと思います。
加えて、開店祝いに現金を贈る際には新札を包む事になります。
もし、開店祝いを現金で贈る場合は、
時間の余裕がある段階で新札を揃える事をおすすめします。
更に、開店祝いで現金を贈る場合は熨斗袋で包む事になるので、
表書きや水引に関しては気を付ける必要があります。
表書きは祝御開店等とされています。
それから水引は蝶結びで紅白の色等です。

 

 

 

開店祝いの贈り方