開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

開店祝いのお返し

まず、開店祝いを受け取った場合はお返しが必要なのでしょうか?
こちらは必要だと言われているので、
これから開店祝いを貰う予定がある方は覚えておくと良いでしょう。
開店祝いのお返しの仕方としては、
品物を贈る方法と開店祝いの披露目パーティーを開催する方法等があります。
まず、開店祝いのお返しの品物には相場があります。
この相場に関しては、貰った品物の50%から30%位になります。
開店祝いは誰に幾ら位の物を贈られたかをきちんと管理しておいた方が良いかも知れません。
この開店祝いのお返しの品物には、熨斗を付ける形になるようです。
水引は、蝶結びで色は紅白です。
表書きは、開店内祝い等になります。
また、開店祝いのお返しの礼状も添えると言われています。
こちらは、概ね書く内容に関しては決まりがあるようです。
書く時に参考に出来る物が欲しいと思った方は、
開店祝いのお返しの礼状の文例を確認すると良いでしょう。
更に開店祝いの披露目パーティーを開催する際は、参加者達にお土産等を贈るケースがあります。

この品物は高額である必要はなく、1千円から3千円程度だと言われています。
この開店祝いの披露目パーティーを開催する形でお返しする場合は、
誰が参加して誰が参加していないかをきちんとチェックしておく事をおすすめします。
披露目パーティーの参加・不参加が書かれたリストを作成しておくと便利かも知れません。
開店祝いのお返しでは、披露目パーティーに誰が参加していないかも絡んで来るからです。
披露目パーティーに参加していない方で開店祝いの贈り物を受け取っている可能性もあります。
こちらの場合は、その方に開店祝いのお返しを贈ると言う形になるようです。
この他にも、開店祝い受け取った品物が高額だった場合に、
お披露目パーティーに参加して頂いた方でもお返しを贈るケースもあるそうです。

 

 

開店祝いの贈り方