開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

開店祝いのメッセージカード

開店祝いにメッセージカードを添える機会もあると思います。
メッセージカードが添えられていた方が、
先方の開店を祝う気持ちが分かりやすくなるケースもあります。
開店祝いにメッセージカードを書く時には、
概ね気を付けた方が良い点が5つあるのです。
開店祝いのメッセージカードを書く時に、
これらを知らないと失礼になる可能性もあるのです。
1つ目が文章の量についてとなります。
開店祝いのメッセージカードに合わせて、文章の量に関しては調節する事をおすすめします。
隅から隅までメッセージカードに、びっちりと文章が書いてあったら読みにくいですよね。
メッセージカードを贈った相手が、
読み疲れてしまう等の事態になる事は避けましょう。
2つ目がメッセージカードの文章の内容に関する事です。
メッセージカードを書く時には否定的な内容を書かない様に注意しましょう。
3つ目が先方の店名等もメッセージカードに書く場合は、そちらを間違えない様にする事です。
メッセージカード以外でも、先方の店名等を間違える事は失礼になるので気を付けましょう。

4つ目がメッセージカードの文面の文字をミスしないようにすると良いです。
書いた時にはミスしていないつもりでも、
読み返すと書き間違っていた等のケースもあるので注意すると良いです。
5つ目が開店祝いのメッセージカードを書く時には忌み言葉は使用してはいけないと言う事です。
開店祝いの場合の忌み言葉としては、流れる・閉じる・失う・灰・燃える等があります。
最後に開店祝いのメッセージカードを書く時に、
どんな文面を書けばいいのか悩んでいる場合もあると思います。
そんな時には開店祝いのメッセージカードの文例を見てみるのも良いと思います。

 

開店祝いの贈り方トップページ