開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

開店祝いのマナー・タブー

開店祝いにはマナーとタブーがあるので、贈る前にきちんとチェックしておく事が必要です。
開店祝いを贈った後に、タブーに触れていた事を知った等の事態は避けたいです。
まず、開店祝いを贈るタイミングと言われている物があるので、
そちらを過ぎてしまわない様に気を付ける事も大事です。
開店祝いのタイミングは先方が開店する当日の午前中に贈るか、
或いは開店する日の前日から1週間前に贈る等とされています。
よって、先方の開店する日の午前中を過ぎない様に気を付けた方が良いように思います。
また、開店祝いのメッセージカード等では忌み言葉を使わない様に気を付ける事が必要です。
開店祝いの忌み言葉としては、負ける・閉じる・傾く・さびれる等があります。
メッセージカード等を書く時には、きちんとチェックをされる事をおすすめします。
更に、開店祝いを贈る際に先方の名前やお店の名称を書く機会等もあると思います。
この時に、先方の名前やお店の名称を間違えない様に気を配る事も大事です。
こちらを間違えてしまう事は、説明するまでもなく失礼な事になります。
加えて、開店祝いに贈る品物にもタブーがあります。
こちらに関しては、火事を想像させる品物となります。
例としては、キャンドル・赤い色・灰皿・ライター等があります。

開店祝いの時に、ミスでこれらの品物を贈ってしまわない様に気を付けましょう。
この他に、開店祝いに現金を贈るケースもあります。
この場合は、現金は新札の物を贈る事になるので注意しましょう。
開店祝いに現金を贈る際には香典袋に包む事になり、
こちらの表書きは祝御開店等で水引は紅白の蝶結びとなります。
開店祝いを贈る際には、このようなマナーやタブーに気を遣う事が大事になるのです。

 

開店祝いの贈り方

開店祝いのマナー・タブー記事一覧

開店祝いのメッセージカード

開店祝いにメッセージカードを添える機会もあると思います。メッセージカードが添えられていた方が、先方の開店を祝う気持ちが分かりやすくなるケースもあります。開店祝いにメッセージカードを書く時には、概ね気を付けた方が良い点が5つあるのです。開店祝いのメッセージカードを書く時に、これらを知らないと失礼になる...

≫続きを読む