開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

開店祝いに現金を贈る場合の贈り方

まず、開店祝いに贈られる品物の内の1つとして現金があります。
開店祝いに現金を贈っても良いのかと、
マナー的な視点から疑問に思うかも知れません。
この答えは基本的には開店祝いに、
現金を贈る事は明確に礼儀に適っていない行為だとはされない傾向にある事です。
これは開店祝いの贈り先が上司であった場合も含まれています。
ただ、開店祝いに現金を贈る時にはマナーに沿うように気を付ける事が大事になります。
まず、開店祝いに現金を贈る際には、
それを包む熨斗袋の表書きと水引に関して注意する事が必要になります。
開店祝いの表書きは祝御開店や御祝儀等になります。
水引に関しては、結び方は蝶結びで色は紅白か金銀の物になるようです。
それから、開店祝いに現金を贈る時に気になる事は相場だと思います。
この開店祝いに現金を贈る際の相場の高い順から紹介します。
取引先等のビジネス上の関係の場合は1万円から5万円程度です。
兄妹、両親、親戚等の場合は1万円から3万円程度です。
友達の場合は1万円程度だと言われています。

開店祝いに現金を贈る場合は相場だけでなく個々人の関係も考えて、
慎重に検討される事が大事だと思います。
例えば、お互いに親しい関係の場合やこれからも長い付き合いを希望している場合等は、
開店祝いに贈る現金がやや多めになる傾向があるようです。
ちなみに、言うまでもありませんが開店祝いはお祝い事ですよね。
このような場合に、現金を贈る際には新札を用意する事になるようです。
開店祝いに現金を贈る際には、
これらのマナーに関してはきちんとチェックされる事をおすすめします。
必要になった時に開店祝いを贈り方のマナーを失念していたと言う可能性もあるからです。

 

 

おすすめの胡蝶蘭の贈り方はこちら

開店祝いに現金!?記事一覧

開店祝いの観葉植物の贈り方

開店祝いに観葉植物を贈りたい!そんな方の為に、開店祝いに向いている観葉植物を紹介します。まず、パキラが挙げられます。このパキラの実物を見た事がある方もいると思います。丈夫だと言われている点も魅力的ですし、世話をする事も大変ではないとされています。このパキラは、花が咲くケースもあります。花言葉は勝利や...

≫続きを読む