開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

開店祝いの胡蝶蘭の贈り方

開店祝いとして胡蝶蘭を贈る時にどのような点が魅力的なのでしょうか?
こちらを紹介してから開店祝いの胡蝶蘭の贈り方に関して説明します。
まず、先方の店舗に飾られる事を考えると匂いや花粉は注意をしたいですよね。
お店なのでお客様にとって迷惑になっては困ってしまう訳です。
しかし、胡蝶蘭は匂いや花粉がそれ程目立つ物ではないのです。
この点は開店祝いに贈る場合は、魅力的に映ると思います。

 

また、胡蝶蘭は季節によってもその大体の期間は異なりますが比較的その花が長持ちするのです。
やはり、花を贈られるのであれば、長持ちする方が嬉しいですよね。
更に、胡蝶蘭の花言葉は幸運が飛んで来ると言う物があるので、開店祝いに選ばれやすいと言われています。
もし、自分がお店を開く立場であれば、こんな花言葉がある胡蝶蘭を贈られたら嬉しいと感じませんか?
この他にも、胡蝶蘭の見た目に華やかさを感じる方も多いです。
さて、それでは開店祝いの胡蝶蘭の贈り方の説明に移ります。

 

開店祝いに胡蝶蘭を贈る場合の相場があります。
お仕事で取引先等に贈る場合は、2万円から5万円程度です。
友達や知り合いに贈る場合は、1万円程度です。
身内に贈る場合は、1万円から5万円程度です。
それでは、開店祝いに胡蝶蘭を贈るタイミングはどうなっているのでしょう?
一般的には開店祝いを贈る際には開店日の1週間前から前日か、
開店日の当日の午前中に贈る等と言われています。
開店祝いに胡蝶蘭を贈る場合も、こちらが適用されるようです。
この他にも、市販されている胡蝶蘭の色は一つではありません。
よって、どの色の胡蝶蘭を贈れば良いのだろう思われるケースもあるかも知れません。
こちらに関しては、基本的に一番無難な色は白だと言われています。

 

開店祝いに最適な胡蝶蘭の専門店はこちらです

開店祝いを贈るタイミング

開店祝いを贈る事になった。
そんな場合は先方の開店する日時に関して、きちんと知っておく事が必要になります。
先方の開店日を間違ってしまった等の事態にならないように注意しましょう。
開店祝いの送るタイミングは、この先方の開店日が大事になるのです。
開店祝いを贈るのは概ね2つのタイミングに分かれています。
まず、1つ目が先方の開店日の1週間前から前日です。
次に、2つ目のタイミングが開店当日の午前中です。
何故、このタイミングで贈ると良いと言われているのでしょうか?
1つ目は開店日の前日までなら、
開店日当日よりも比較的余裕がある事が推測出来る事が理由として挙げられます。
2つ目は先方の開店日の当日の午前中に開店祝いを贈る事によって縁起を担ぐ形になるそうです。
開店祝いを贈る際には、相手の事情や贈る品物等に考慮してタイミングを選ぶと良いでしょう。
しかし、何らかの事情によって、
開店祝いを贈るタイミングを大幅に外してしまった等の事態もあると思います。
このようなケースでは、熨斗を祈御発展とする方法もあるようです。
万が一の事態に備えて覚えておくと良いかも知れません。

開店祝いの贈るタイミングとしては、六曜に関しても気を配る事をおすすめします。
六曜という言葉がピンと来ない方もいるかも知れませんね。
六曜と言う言葉を知らなくても、
友引き・大安・先勝・仏滅等は知っている方もいると思います。
開店祝いを贈る相手によっては全く気にされない方もいると思います。
しかし、事前に開店祝いが届く日が何の日に当たるかと言う事はチェックしておいた方が無難なようです。
例えば、開店祝いを贈る際には仏滅ではない日を選んで贈った等のケースもあります。